会長挨拶 《 2017 - 18年度 》

 2017 - 18年度 大阪中央ロータリークラブ会長 管家 基夫

2017-18年度
会長   管家 基夫

   『Join Rotary Together』
   (みんなで参加ロータリー)
 
   この度、2017〜2018年度の当クラブの会長を努めさせて頂くことになりました。
   福田幹事をはじめ、役員、理事、各委員長、クラブの皆様のご協力いただき、一年間どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
   さて、本年度のRIのテーマは、『ROTARY : MAKING A DIFFERRENCE~ロータリー:変化をもたらす』であります。
   これはMaking , ing が有るように続けるということです。従ってMakingで造り続ける、即ちMaking Differenceで違いを造り続ける(ロータリアンが)事により地域、世界に変化をもたらすという意味です。
 
   続きまして、第2660地区のガバナー方針は、『個性を活かし、参加しよう』と発表されました。
   日本のロータリーを取り巻く環境は色々な側面で厳しいものがありますが、何もしなければこの局面から抜け出す事は出来ないので、まずはマイナス思考からプラス思考に意識を向けなければなりませんと掲げられました。
 
   ロータリーの創始者ポール・ハリスの言葉にも「ロータリーがしかるべき運命を切り開くには、常に進化し、時には革命的にならなければなりません。」とあります。
   ロータリーの「奉仕の理念」とは金看板と言われる親睦と職業奉仕にあり、信頼(信用)に裏づけられた職業分類による人脈(繋がり)による親睦であり、これがロータリアンの友の輪・友垣です。
   そして職業人としての高い倫理観・高潔性・寛容・リーダーシップがロータリアンの目的です。
 
   我が大阪中央ロータリークラブと致しましては、「Join Rotary Together」(みんなで参加ロータリー)を目指し、まずは参加し、そしてみんなでロータリー活動をしよう。
   ロータリー活動の基本はやはり例会への参加です。まずは出来るだけ多くの会員の皆様が楽しく例会に参加できるよう努めます。
   そして色々なロータリー活動にも参加していただくよう努めます。又、会員間の親睦を深め、絆を大事にし、退会の防止に努め、新たな会員を増やす事に努めます。
 
   上記運営方針に基づき、私は本年度の我が大阪中央ロータリークラブの会長として、会員の皆様と一緒に、そしてみんなで頑張りたく切望しております。