会長挨拶 《 2018 - 19年度 》

 2018 - 19年度 大阪中央ロータリークラブ会長 藤田 定信

2018-19年度
会長   藤田 定信

   〜MIRAI Build Rotary〜
   未来がロータリーを創造する
 
   このたび、2018〜2019年度の会長を務めさせていただくことになりました。
   古谷副会長を筆頭に、川上幹事、役員、理事、各委員長、会員の皆さまの、ご協力を賜り、微力ながら鋭意努力いたします。この一年間、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
   さて、2018〜2019年度RI会長のバリー・ラシン氏のテーマは、『BE THE INSPIRATION〜インスピレーションになろう』です。
   ラシン氏は、その発表の中で、次のように話しています。「何か大きなことに挑戦しようというインスピレーションを、クラブや他のロータリアンに与えてください。自分よりも長く、後世にも生き続けるものを生み出すために、行動を起こす意欲を引き出していただきたいのです」、と発表されました。
 
   そして、第2660地区2018〜2019年度・山本ガバナーは、スローガンやキャッチコピーは作られていませんが、その方針として、次の10項目の発表がありました。
     1・ポリオ撲滅への協力をお願いします
     2・ロータリー賞の受賞を目指してください
     3・ロータリー財団と米山奨学金へのご協力をお願いします
     4・会員基盤を増強してください
     5・ロータリーのIT化への協力と、公共イメージ向上へのチャレンジを
        お願いします
     6・戦略計画を活用し、クラブの中長期ビジョンを策定してください
     7・新IM内の親睦と情報交換を推進してください
     8・ハンブルグ国際大会・地区大会・地区事業への積極的参加をお願いします
     9・地区ロータリーデーを企画実地する予定ですので、ご協力をお願いします
     10・地区のスリム化、効率化、運営の合理化、財務ルールを徹底します
 
   また、2018〜2019年度山本ガバナーは、こうも仰っています。
   「ロータリーのビジョンに基づき、5年程度の中期の計画としてのRI戦略計画があり、その計画の中で、テーマ『価値観を行動に』・ロータリーの使命『私たちは責任あるリーダーとして世界の切実な課題を解決するために行動します』・中核的価値観『親睦・高潔性・多様性・奉仕・リーダーシップ』・戦略的目標『クラブのサポート強化・人道的奉仕の重点化と増加・公共イメージと認知度の向上』」
 
   これらをまとめて、2018〜2019年度山本ガバナーは、ロータリーの目的、そして我々ロータリアンの指針となるべきものを、以下のように整理されました。
   「ロータリーの目的を達成するために、ロータリーのビジョンを掲げ、中期計画のテーマを行動することとして定め、四つのテストを個人の行動規範として、ロータリーの使命を果たすべく、中核的価値観を基本理念として行動することが求められている。
   行動のキーワードは『TRANSFORM〜変化・PEOPLE OF ACTION〜行動人・CONNECT〜接続』であり、次年度のテーマは『BE THE INSPIRATION』とする
 
   以上、これらのことを鑑み、我が大阪中央ロータリークラブの運営方針としまして、「MIRAI Build Rotary〜未来がロータリーを創造する」としたいと思います。
   ロータリーの未来の基盤を作り上げるために、会員相互が連携を図り、役割を励行し、前向きな変化を遂げ、今日私たちが直面する様々な課題に、勇気と希望、そして創造性をもって、正面から立ち向かい解決する意欲を引き出し、更に磐石な大阪中央ロータリークラブの創造を目指します。
   それには、多くの会員が、奉仕活動に積極的に参加し、ロータリー活動を通じて会員相互の更なる親睦を深め、会員同士の絆が強くなるように努めます。
   また、ロータリー活動の基本は例会への参加です。多くの会員が、毎回楽しめ有意義であると感じられ、出席率の向上に繋がるような例会になるように努めます。
   最後に、昨今ロータリークラブ全体でも問題となっております、会員増強や退会防止に関しましては、趣向を凝らし、より魅力のあるクラブ作りを実現します。
 
   上記運営方針に基づき、私は2018〜2019年度・大阪中央ロータリークラブの会長として、会員の皆さまと一緒に「未来に受け継ぐ」素晴らしいクラブを創造し、インスピレーションとなります。よろしくお願い申し上げます。